プレミアム苦楽園山手台

Home > 眺望・高台

眺望・高台
/
VIEW

“ KURAKUEN ”
都会の喧騒とは無縁
阪神間モダニズムの伝統を注ぎ、苦楽園の丘の上で優雅に暮らす。
苦楽園の夜は都会の夜景を見晴らす高揚感

山側からの景色

南側にあるのは、豊かな緑景と低層住宅街。その先には高くそびえるマンション群。
さらに先には美しい湾岸風景と大都市大阪の街並が一面に広がる。
生駒山、金剛山、紀伊山地、関西国際空港、あべのハルカス。
西宮浜、夙川公園、西宮北口、大阪南港、大阪キタ・ミナミ・・・。
この伸びやかな眺望と開放感とともに、優雅に暮らすのが、阪神間モダニズムの伝統を継ぎ時代とともに進化する高級住宅地の品格。

海側からの景色

山側とは逆に海側から山側を眺めると、六甲山のなだらかなひな壇地形を活かし、上質で洗練された建物が開放的に建っている。
駅に近い街並みとは一線を画し、緑と潤いに充ちた落ち着いた街並みとなっています。
これが、「第一種低層住居専用地域×風致地区」の真の価値であることに改めて実感する。
六甲山花崗岩の強固な地盤に建てられた成熟した高級邸宅地。
愛すべきこの景色を眺めながら家路につく喜びがここにはあります。

苦楽園筋

苦楽園の高台から下りてくる道路。なだらかな丘陵の街路をたどるアプローチ。

(高台×高級住宅地)×(一種低層住宅地域×風致地域)

六甲山(標高:931m)
生駒山(標高:642m)
摩耶山(標高:702m)
上町台地 最も高い大阪城天守閣跡で38m
帝塚山付近で14mの標高、千里丘陵
(新千里西町二丁目約90m)
北摂エリアに比べて阪神間エリアには高級住宅街の高台が多い

プレミアム苦楽園山手台24邸の標高は約123~140m
※各宅地の道路に面する箇所のおよその標高です。